「ジャンニ・スキッキ」オペラを楽しむ会開催

 2020年11月18(水)18時より第26回「オペラを楽しむ会」が開催されました。今回のオペラはプッチーニ 歌劇「ジャンニスキッキ」。会場の通気確認や手指消毒、体温測定、など三密対策を確認してから中野講師のオープニング: プッチーニ最後のオペラで、舞台は1299年のフィレンツェ。有名なメディチ家が出てくるのはこの30年後などが説明された。そして、このオペラは1時間弱なので、聴き比べは「私のお父さん(アリア)」「僕のローレッタ(二重唱)」の2曲、英語字幕のDVDを使用することなど紹介されて視聴スタート。

主人公の中年男ジャンニ・スキッキが、大富豪の遺産を巡る親戚間の騒動と、若い男女の恋を見事に解決するさまをコミカルに描いた喜劇。Wikipediaより抜粋)

 使用したDVD 日本語字幕: 2019年11月 フィレンツェ5月音楽祭歌劇場におけるライブ録音、指揮:ヴァレリオ・ガッリ、演奏:フィレンツェ5月祭管弦楽団。

 ・キャスト:スキッキ:ブルーノ・デ・シモネ、ローレッタ:フランチェスカ・ロンガーリ、リヌッチョ:デイブ・モナコなど。

 ・聴き比べ:使用したDVD 英語字幕:2004年7月 グラインドボーンオペラハウスにおけるライブ録音、指揮:ウラジーミル・ジュロスキー、歌手:ローレッタ:サリー・マシューズ(ソプラノ)、リヌッチョ:マッシモ・ジョルダーノ(テノール)

。 ​オペラ全体および聞き比べの感想については、「メロディを聴いてこの曲だったのかと思い出した」「800年以上前のストーリーなのに違和感がなく楽しめた」「聴き比べはジュロースキーのほうが好き」「初めて参加したが、アリアはもとより全員の歌唱力に感激した」「久しぶりに(私のお父さん)を楽しんだが、聞き比べはロンガーリのほうが《いいなぁ》と感じた」「今日はカーテンコールも楽しめる時間的余裕があった」などなど。石巻でもコロナ感染者が増えていることや寒暖の差が大きいためか、参加者が5人と少なかったけれど、皆さん満足した笑顔で帰宅されました。

 

Follow me!

コメントを残す