おにぎり・シアターAct.15 開催

6月27日(木)おにぎりシアター Act 15が開催されました。今回は女性スタッフが所用で参加できないため、副代表理事の神室さんが、自家製の玉ねぎ、にんじん、新じゃがの具を使い、煮干しとだしの素をベースとした味噌汁と、きうりと赤玉ねぎの塩もみのお漬物を用意してくださり、参加者各自が握ったおにぎりを楽しむ。食べながら、今後、ボランティアが1時間ほど早く来て味噌汁と漬物、または、サラダを用意することが合意された。恒例の参加者全員がこの1か月間の体験や気づきなど語り合う意見交換では、「マンドリン演奏会で懐かしい朝ドラの曲を楽しんだ」「東北歴史博物館でシルクロードの世界を体感した」「換気扇の掃除をしたら復旧できなくなり専門業者に頼まざるを得なくなった!」「市議会を傍聴したが、関心が低いのか傍聴者が少なかった」「カンボジア旅行へいくので、持参する品についてアドバイスを欲しい」などなど。

今回選んだDVDは、前々回予定していたけれど、機器の不調により延期されていた「ローマ帝国の滅亡」。上映時間194分の超大作!!!

あらすじ:

病床のアウレリウス帝は後継者の選定に悩んでいた。息子のコンモドゥスはあまりに暗愚であり、有能な軍団指揮官リヴィウスに禅譲する以外ないと考えるようになった。しかしながら、後継者を指名する以前にアウレリウス帝は盲目の侍従クレアンデルによって暗殺され、慣習によってコンモドゥスが帝位を継承することになった。先帝の愛娘ルシラアルメニアがローマ帝国とペルシャの架け橋とする政略のために同国に嫁ぐことを強いられた。苛斂誅求を強いるローマに対し蛮族のババリアはローマに侵攻を開始しようとしたが、哲学者ティモニデスの説得で一度は何とか思いとどまったが、ついに耐えかね反乱が起こった。・・・・・・・・・・・・・

キャストでは、アウレリウス皇帝の娘「ルシラ」を演じたソフィア・ローレン、ローマ軍指揮官でルシラと愛し合う仲の「リヴィウス」を演じたスチーブン・ボイドの演技が特に印象に残った。また、総勢130人という空前絶後のオーケストラ編成で演奏されたという壮大な劇伴音楽の迫力に圧倒された。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す