朗読グループ 施設訪問!

9月6日(金) 朗読グループ7名が約1年ぶりにデイサービスセンター矢本「菜の花」を訪問し、来所者の皆さんと交流しました。プログラムは、田口代表のあいさつに続き、「秋の花小唄」。リーダーの後に続き、全員がホワイトボードを見ながら《ひとつ  彼岸花咲きました・・・・・とおで  峠に秋が来た 山の峠に秋が来た》と音読して雰囲気が和む。続いて、大判の絵本や紙芝居、ペーパークラフトなどを使用した朗読。一休みには全員で「幸せなら手を叩こう」とリラックス。そして、大判の絵本「七色のシマウマ」の朗読の後、紙芝居「ミーちゃんの数え歌」。誰もが知っている「一番はじめは」「あんたがたどこさ」「茶摘み」「ずいずいずっころばし」などが出てくると、皆さん、子どもの時に遊んで歌った懐かしさや思い出があるようで、会場が歌声と笑顔で盛り上がりました\(^o^)/

Follow me!

コメントを残す