今年初めの「うたっこライブ 1月2018」は、1月19日(金)歌声ボランティア(飯田利道リーダー)の伴奏により開催されました。オープニングは「みんなと歌おう」。続いて「白いブランコ」「星に願いを」「泉のほとり」・・・・「一人の手」「さわやかなモーニング」「故郷を離るる歌」と10曲歌って休憩。

後半の初めに、初めての試みとして演奏メンバーの阿部加代子さん絵本「紅玉」(後藤竜二(著)高田三郎(イラスト))を朗読。

【りんごの季節になると、じいちゃんはその日のことを子どもたちに語りつづけた――】 
戦争が終わった年の九月。収穫間近のりんご畑がおそわれた。朝鮮や中国からむりやり連れてこられ、炭坑で働かされていた人びとだった。目をぎらつかせ、赤いりんごにかぶりついていた――。

いつものリクエストに戻り、「麦の歌」「TOMORROW」「浜辺の歌」・・・・「学生街の喫茶店」「知床旅情」・・・・「糸」「里の秋」と11曲を歌い切って、エンディングは「あしたも歌おう」。13名の参加者皆さんは、今年最初のうたっこライブの盛り上がりを心から楽しんでいました。