平成30年も押し迫った12月27日(木)10時よりおにぎりシアターAct.9を開催しました。参加者が協力して暗幕張り終了後、伊藤(さ)、伊藤(ひ)両女性スタッフにより準備されたご飯におかかと梅干を入れ海苔で巻いておにぎり完成。次に、鍋から豚汁を汁椀に盛り、漬物とサラダを取り分けて会食スタート。食事をしながら、各自が、Xmasパーティでじゃが芋やサツマイモを焼いて提供し喜ばれたこと、狭心症で2週間入院したこと、座禅会に参加して感じたこと、などなど、1か月間の活動状況や体験したこと、感じたこと、などを紹介し合い情報交換。

食事の後は、DVD:野性の証明(森村誠一の作品を角川書店が映画化)を鑑賞

映画の概要:東北の寒村で大量虐殺事件が起こる。その生き残りの少女と、訓練中、偶然虐殺現場に遭遇した自衛隊員。この二人を主人公に、東北地方の都市を舞台にした巨大な陰謀を描く。

味沢岳史 (高倉健)が所属する自衛隊の機密組織・特殊工作隊が山岳行動訓練中、とある寒村で斧により13人が殺される大量虐殺事件が発生し、翌日、奇跡的に助かった村の少女・長井頼子(薬師丸ひろ子)が他所の家の納屋から見つかるが、警察からの問いに「青い服を着た男に連れてこられた」と証言するだけで事件当時の記憶を失くしていた。 ・・・・・・・・・

皆さん、年末の気ぜわしい生活の中で溜まっていたストレスが、映画の激しい局面展開にひきつけられ、すっかり解消されたようでした。\(^o^)/