4月26日(木)10時から第1回 男性のための「おにぎり・シアター」が開催されました。第1回目は、会場設定の段取り、「おにぎり・味噌汁」づくり、観賞する映画のタイトル飲み物の持ち込み、頒布、など試行錯誤しながら次回以降への応用を考えることを目的として実施しました。

初めに、参加者全員で暗幕を張って遮光し、映画館の雰囲気に近づいた中で着席。おにぎりづくり担当のスタッフより米食や発酵食品などの重要性と今回のメニューについての説明がなされ、映画担当のスタッフより今回の映画タイトルと、希望者には追加で観賞できるタイトル候補が紹介されました。

参加者は自己紹介の後、スタッフが準備して炊き上がったご飯をとりわけ、梅干を入れ、味塩と焼き海苔を使って自分の好みのサイズのおにぎりを作り、スタッフの用意した油揚げ、わかめ、豆腐の味噌汁と沢庵で味わいながらの話し合い。自分で食事作りをするかどうかや食の好み、さらには野菜作りなどなど話題で盛り上がりました。次回以降のおにぎりの種類も炊き込みご飯やお稲荷さんなどの意見も出たのですが、当分は今回と同じ方式で進めること、そして味噌汁は青物野菜を利用することなど決まりました。

続いて映画の観賞。セットアップには少し時間がかかったので、次回はできるだけ役割を分担して事前に設定する方式を試みることにしました。今回観賞した映画は、「男はつらいよ第2巻」。皆さんから懐かしい!、リラックスできた!などなど非常に高い評価を受けました。次回は、西大條ライブラリーの中から参加者が選定して観賞する予定。

   
           協力して暗幕張り     進め方についての説明
   
   「このくらいの大きさで良いかな?」    自慢話も出て盛り上がり!
   
  80インチスクリーンと音響のバランス調整  引き込まれて身を乗り出す人も・・・