6月22日17時より、石巻グランドホテルで開催されたスマートシニアいしのまきの10周年祝賀会に招待され、来賓代表として祝辞を述べてきました。

「賭けない、吸わない、飲まない」をモットーにする健康麻雀を私のところで導入したのは、NPO法人シニアのための市民ネットワーク仙台(略称:シニアネット仙台)の副代表をしていた15年ぐらい前に、WAC東北の代表をしていた仲間からの勧めにより同じビルにある藤ホールで週に1回「森の都のマージャン教室」を開催した経験に基づくものでした。「指・腕を使用する」「頭を使う」「会話をする」健康麻雀が、高齢者の健康促進・生きがいづくりに大いに役立つことが分かったのです。石巻でのスタートに際しては、パソコン教室の受講生と一緒にシニアネット仙台を訪問して運営方式を教わり、地元の麻雀協会会長の支援をも受けました。グループの名前をスマートシニアいしのまきと名付け、古い空き家を利用して週に2回、6年間活動した後、会員数の増加に対処するため「まちの寄り合い所・うめばたけ」から独立し、近くの町内会館を利用して活動を継続しています。

因みに、私自身は、ビールを飲みながら配牌だけを見てプレーする麻雀が楽しい初心者です。