10月25日(木)、おにぎり・シアターAct.7が開催されました。参加者が協力して暗幕張り。そして、丹野、伊藤(ひ)両女性スタッフにより準備されたご飯を参加者各自の腹具合に応じたサイズに握り、鮭フレークおかかを入れ海苔で巻いて完成。各席に用意されたわかめと卵とじのスープ京菜おしたし漬物を確認して会食スタート。食事をしながら、各自がここ1か月間の活動状況や体験したこと、感じたこと、困ったことなどを紹介し合い情報交換。

食事の後は西大條氏が新たに購入した3D映画鑑賞用眼鏡を装着して、スピルバーグのヒット作《ジュラシック・ワールド 3D》を鑑賞。この映画は2015年公開のアメリカ合衆国SF映画で『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』、『ジュラシック・パークIII』から続くシリーズの第4作となる。

映画の概要恐竜の謎と優れた特性を体験し、至近距離で触れ合うことができる高級リゾート「ジュラシック。ワールド」。このパークのマネージメントに意欲満々の野心家クレアの元へ二人の甥っ子が訪ねてくる。フリーバスを渡された二人はジャイロスフィアという360度回りが見渡せるアトラクションに乗って恐竜の間を回っていた。しかしその時、あまりの凶暴さゆえに隔離状態で飼育されていた、禁断の遺伝子組み換え大型恐竜「インドミナス」が逃亡し、ジャングルの奥深くへと姿を消す。それはパーク内のすべての生き物の命が危機にさらされていることを示していた・・・・・・・・・・・・

120分余り、3D映像の迫力を心行くまで楽しむことができました!!!