前夜からの弱い雨が降り続き、最高気温も13度Cとうすら寒い4月24日(火)、第105回コミュニティカフェが開催されました。今年度の新しい試みとして、毎月第4火曜日のコミュニティカフェは「季節の折り紙」。年間12回の連続コースとして季節感あふれた題材をテーマにした折り紙を楽しむ企画です。今回は石巻日日新聞でも紹介されたのですが、企画の趣旨が十分伝わらなかったようで参加者は2名でした。しかし、参加者は「手籠一杯の苺」を折り紙で作り上げる難しさと、完成したときの喜び満足感をを味わったようです。