石巻でも30度Cに近い暑さが予想される7月11日(火)、第91回コミュニティカフェ・うめばたけが開催されました。今回のテーマは「苔玉づくり」。講師は、NPOうめばたけ発足以来、経験・才能を生かして多くの活動をリードしてきた沖田幹雄氏。苔(コケ)といえば苔玉(こけだま)というほど緑を楽しむインテリアとして人気が高く、今回もチラシを作製した日に申し込み定員をオーバーするほどでした。

まず、用土を作るためケト土を主体に赤玉土などをブレンドし、水を入れながら土を混ぜて耳たぶのかたさになるまでこねる。次に、講師が育てた植物(けやき)の根元を用土で球状にまるめて苔をはりつけ、はりつけた苔がはがれたりまるい形が崩れたりしないように糸などでぐるぐるまきにして完成。

参加者全員が作品を完成した後、テーブルを囲んでお茶を飲みながら自分の作品を自慢したり、手入れのやり方、肥料の使い方などの質疑応答で楽しく交流しました。

また、朝9時半からは、会員手づくりの有機野菜販売も行われ、大好評でした。

(写真をクリックすると拡大されます。)