2月より建築が進められていた新しい「市民協いしのまきハウス(新ハウス)」が予定通り完成し、3月31日、ダイワリース仙台営業所福田所長より市民協の田中尚輝専務理事に引渡しが行われました。
運営を担当するNPOまちの寄り合い所・うめばたけでは、仏滅のお祓いを前日に済ませた4月4日(火)午後から、会員約10名のの応援を得て引っ越し作業を実施し、約2時間で無事完了しました。

現在、新ハウスには電気水道は供給されているけれども、電話回線移設工事が遅れているため電話やインターネットも使えない状態です。また、「コンセントが足りない、カーテンがない、・・・など」の住んでみてわかる?要望をまとめてメーカーと調整しながら事務作業をしています。
いわば、「仮オープン」の状態で4月21日「うたっこライブ」、4月25日「コミュニティカフェ」を新ハウスで開催予定です。なお、新ハウスとは別の建物を使用する子ども図書室、朗読教室、女性のための麻雀教室、などは従来通り開催しています

皆さん、ついでの折りにお立ち寄りください!!!

旧ハウスの取壊しは4月15日~4月26日に行われる計画で、大型連休前には一連の工事が完了する見込みです。

そこで、市民協では新ハウスの「オープンハウス」を5月13日(土)午前中に開催する予定で検討しています。詳細が決まり次第お知らせいたします。(写真をクリックすると拡大されます。)

 
    新ハウス 正面から
   
       活動フロアー(テーブル・椅子は収納室)     IH、シンクが2セットになり、調理機能が拡充