石巻市との協働事業である山下地区協働のまちづくり協議会の第2回「地域包括ケア」研修会が

11月19日(水)市民協いしのまきハウス(うめばたけ)で開催され、21名が参加しました。

前回に引き続き、講師として石巻市介護保険課の保健師:熊谷悦子さんと西條慶子さんが

タッグを組み、「もし足腰が弱くなったら、何をしてほしいか?」というテーマで意見交換と

質疑応答をしました。

ボードに書き出された参加者の要望を基に「自分ができること」、「要望があればできること」、

「支援センターに頼まなければならないこと」など自分がボランティア体験や、町内で実施している

「お助け隊」などの活動を例に話し合い、日常生活の中で互いに助け合う仕組みの必要性と認知症と

いう病気の理解が大切であることを確認しました。

まとめとして、山下地区として ① 気になることにアンテナを立てる、② 集まった情報を検討する

機会を設ける、③ その結果、必要なら地域包括支援センターや介護保険課などに相談する、の3項目が

挙げられました。

  研修11.19.001  研修11.19.003
 熊谷さん(右)と西條さんの息もぴったり合って・・・  「足腰が弱ったら・・・」席の隣りの人と相談している
 研修11.19.002  研修11.19.004
 参加者の意見をボードに列記して・・・  話し合った内容の記録:山下地区の財産(#^.^#)